だまされたり、強迫を受けた場合の取り消し

①詐欺

売主Aが買主Bにだまされた場合は、Aさんを守ってあげるために

詐欺による意思表示は取り消すことができます。しかしAさんの取

り消し前に、Bさんが土地を、事情を知らない第三者Cに転売した

場合は、Aさんは取り消すことはできません。善意であるCさんは

保護されるべきと考えられているからです。だまされたAさんは落

ち度があったから善意の第三者であるCさんに対抗できません。

第三者Cさんが悪意である場合は、とり消すことができます。

②強迫

おどされて土地などを売ってしまった場合は、その意思表示を取り

消すことができます。強迫によって意思表示をしたときは、その取

り消しは善意の第三者に対しても対抗できます。また第三者が強迫

した場合は、契約の相手方が善意の場合でも取り消すことができま

す。強迫の場合は、詐欺とは違って、強迫された本人には落ち度が

ないので強迫された者を保護することを優先しています。