他の人に契約を委任する 代理契約

代理とは本人に代わって契約をしてもらう行為のことです。ある

契約を本当は自分でしなけらばならないけど仕事で忙しいから、契約

しにいく余裕がないので他の人に依頼して契約締結をしてもらうこと

が該当します。代理で契約した効果は代理人ではなく代理を依頼した

本人(依頼人)に及びます。本人に契約の効果が帰属する条件として

は、依頼を受けた代理人が正式に代理権を持っている必要があります。

代理権を持っていることによって代理人のした契約行為が本人に効果が

帰属することになります。また代理人が取引や交渉する際に相手方に対

して「自分は、依頼人のために契約を結ぼうとしている」と示すよう

な顕名をし、そして契約する意思表示を行うことによって本人に効果を

及ぼします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です