代理人の種類、範囲、資格、消滅

①代理人の種類

代理人の種類としては、2つあります。任意代理と法定代理があり

ます。任意代理は、自分の意思で、他人に代理権を与える代理です。

法定代理は、法律によって代理人に代理権を自動的に与える代理です。

②代理権の範囲

代理人の権限の範囲は、権限が定められていない場合でも、保存行為、

利用行為、改良行為をすることができます。保存行為は、財産の現状を

維持する行為ことです。利用行為は、物または権利の性質を変えない

範囲内でそれを利用して収益を図る行為です。改良行為は、物または

権利の性質を変えない範囲内で使用価値や交換価値を増加する行為で

す。

③代理人の資格

任意代理人は、行為能力である必要はないと定められています。つま

り、制限行為能力者が代理人として契約を結んでも取り消すことがで

きないことを意味しています。代理人のした契約行為の効果は本人に

効果が及ぶので制限行為能力者が代理人になってもかまわないからで

す。

④代理権の消滅

代理人が代理権を与えられた後に後見開始の審判を受けた場合は、代理

権が消滅します。代理人に選任されたが成年被後見人になってしまった

では、代理を依頼した依頼人としては、代理を任せられるか不安なの

で、代理権を消滅させたほうがいいと考えます。他に代理権が消滅す

るのは、代理人が死亡した場合や破産手続開始の決定を受けた場合で

す。