復代理人について

複代理人とは、代理人によって選任された本人の代理人のことです。

複代理のした行為の効果は選任した代理人ではなく本人に効果が帰

属することになります。

①復代理人の選任と責任

任意代理の場合は、原則として、複代理を選ぶことができないとされ

ています。例外として、本人が復代理人を選ぶことに賛成した場合や

やむを得ない事情がある場合は選任することができます。

法定代理の場合は、いつでも自由に復代理人を選任することができま

す。復代理人がミスをしたときは、代理人はどのような責任を本人に

対して負うのかが問題になります。任意代理の場合は、選任監督責任

として代理人が責任を負うことになります。しかし、本人の指名に従

って選任したときは、その不適任または不誠実なことを知っていて本

人に告げなかった場合等でなければ、代理人は責任を負いません。

法定代理の場合は、代理人が全責任を負うことになります。

②復代理人の地位

復代理人は、代理人の仕事を代理人に代わってするので、復代理人の

代理権の範囲は、代理人の代理権の範囲であり、代理人の代理権が消

滅した場合は、復代理人の代理権も消滅します。

 

 

代理行為の顕名と瑕疵

①顕名

代理行為は、顕名をしたうえで意思表示をする必要があります。

もし代理人が顕名をしなかったら本人に効果が帰属せず、代理人

が自分自身のために、契約したものと扱われます。しかし、契約の

相手方が代理人が本人のために契約行為を知っていた場合は、行為

の効果は本人に帰属することになります。

②代理行為の瑕疵

代理行為において、詐欺、強迫などで意思表示の効力に影響を受ける

ときは、その事実の有無、善意か悪意などは、代理人が基準として判

断されます。これは代理において、代理人がした行為の効果は全部本

人に帰属し、本人自身が強迫や詐欺によって意思表示をしたことにな

るため、本人が取り消すことができることを意味します。

上記の善意か悪意かを判断する場合は、例えば、ある住宅を買うため

に、本人が代理人に買入れを依頼し、代理人が契約をしたがその住宅

に瑕疵があった場合において、代理人は住宅の瑕疵については知らな

ったが、本人は知っていた場合は、本人は売主に瑕疵担保責任を追及

することができるのかが問題になります。この場合は、本人が悪意だ

ったら代理人が善意無過失であったとしても、本人は善意無過失を主

張できないことになります