代理行為の顕名と瑕疵

①顕名

代理行為は、顕名をしたうえで意思表示をする必要があります。

もし代理人が顕名をしなかったら本人に効果が帰属せず、代理人

が自分自身のために、契約したものと扱われます。しかし、契約の

相手方が代理人が本人のために契約行為を知っていた場合は、行為

の効果は本人に帰属することになります。

②代理行為の瑕疵

代理行為において、詐欺、強迫などで意思表示の効力に影響を受ける

ときは、その事実の有無、善意か悪意などは、代理人が基準として判

断されます。これは代理において、代理人がした行為の効果は全部本

人に帰属し、本人自身が強迫や詐欺によって意思表示をしたことにな

るため、本人が取り消すことができることを意味します。

上記の善意か悪意かを判断する場合は、例えば、ある住宅を買うため

に、本人が代理人に買入れを依頼し、代理人が契約をしたがその住宅

に瑕疵があった場合において、代理人は住宅の瑕疵については知らな

ったが、本人は知っていた場合は、本人は売主に瑕疵担保責任を追及

することができるのかが問題になります。この場合は、本人が悪意だ

ったら代理人が善意無過失であったとしても、本人は善意無過失を主

張できないことになります

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です