復代理人について

複代理人とは、代理人によって選任された本人の代理人のことです。

複代理のした行為の効果は選任した代理人ではなく本人に効果が帰

属することになります。

①復代理人の選任と責任

任意代理の場合は、原則として、複代理を選ぶことができないとされ

ています。例外として、本人が復代理人を選ぶことに賛成した場合や

やむを得ない事情がある場合は選任することができます。

法定代理の場合は、いつでも自由に復代理人を選任することができま

す。復代理人がミスをしたときは、代理人はどのような責任を本人に

対して負うのかが問題になります。任意代理の場合は、選任監督責任

として代理人が責任を負うことになります。しかし、本人の指名に従

って選任したときは、その不適任または不誠実なことを知っていて本

人に告げなかった場合等でなければ、代理人は責任を負いません。

法定代理の場合は、代理人が全責任を負うことになります。

②復代理人の地位

復代理人は、代理人の仕事を代理人に代わってするので、復代理人の

代理権の範囲は、代理人の代理権の範囲であり、代理人の代理権が消

滅した場合は、復代理人の代理権も消滅します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です