マーケティングを学ぶ

1.マーケティングとは何か

マーケティングとは、顧客の喜ぶ商品を提供して、購入していく状況をつくることです。顧客にとってこの機能やデザイン、価格であれば買ってもいいという状況をつくるわけです。顧客に納得して購入してもらい、購入後も長期間に渡って満足してもらう関係を目指すのがマーケティングの目標です。顧客がどのようなものを望んでいるのか、商品のデザインはどのようなものが好まれるのか、価格はいくらまでだったら支払ってくれるのかなどを知る必要があります。    そして、顧客のニーズに応える商品・サービスを創造し、顧客に向けて、宣伝するという活動が必要です。

2・顧客に必要性を感じさせて購入してもらうことを目指す

物が溢れている現代では、売り手がいくら買い手に商品をすすめても興味・関心がない物、使い道がない物、必要性が感じられない物を購入させようとしてもうまくいきません。商品やサービスを購入させるには、顧客に購入するための動機を持たせる必要があります。すなわちニーズが必要です。顧客自身が気づいていない潜在ニーズを作り出す必要があります。必要性のある商品を作り出したり、または、必要性そのものを作り出す活動が重要です。

3・自社の商品やサービスを選んでもらうために必要な活動

顧客が商品を購入しようと決めた後、どのような商品があるのか、情報収集をします。商品の情報が溢れている現代では、数ある商品の中から自社の商品・サービスを選んでもらうように仕向ける必要があります。顧客がどのような商品を選ぶかは個人によって異ります。自社商品を選んでもらうには、まず誰に買ってもらかを決める必要があります。つまり、ターゲットを絞る必要があります。ターゲットを決めた後は、そのターゲットの求める商品に合致したモノ・サービスを提供する必要があります。そこで、まずターゲット(顧客)の立場で、自社商品やサービスがどのように思われているのかを把握します。

4・ニーズとウォンツを整理する

ニーズは顧客に商品・サービスの必要性を感じさせること、ウォンツは顧客に自社商品・サービスを選んでもらうことです。ニーズは、ある状況において欠乏している状態といえます。ウォンツは欠乏状態を埋めるための活動です。マーケティング活動の目的は、ウォンツの獲得を目指します。顧客に自社の商品・サービスを選んでもらうには、それらを購入する必要があることを認識させる、つまり買うための理由づけを開発する必要があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です