人類の出現

1・人類の条件

人類は遠い昔類人猿と共通の祖先から分かれ出たものといわれています。どのような条件を備えたときに人類と呼ばれるのかを説明します。人類と呼ばれるにはまず、道具を制作できるかです。チンパンジーなどが棒などの簡単な道具を使うことはありますが、道具そのものを作ることはできません。道具の制作というのは、手の機能の発達を前提にし、さらに、生活における計画性を必要とします。これらは高度の知能を要求します。道具を用いることによって、人間の活動範囲が大きくなったといえます。もう一つの人類の条件としては、火の利用が上げられます。人類が火を使うことによって、食物を調理したり、寒さを防いだり、猛獣から身を守ったりすることができました。火の利用によって厳しい自然条件に打ち勝って、生存することができました。最後にもう一つ人類の条件としては、言語の使用が上げられます。言語の使用によって複雑で抽象的な事柄を相手に伝えることができるようになりました。また、言語の発生に伴って記憶力が生まれて、思考力も著しく発達しました。記憶力の発達によって、先人の経験や思考の内容が後人に伝えられ、それらが人間を互いに結び付けて社会生活を営むようにさせました。先人の経験や思考だけでなく、祖先から伝えられた文化を継承し、それを次の世代に伝えられるようになりました。                              以上の道具の使用・火の利用・言語の使用が人類の特徴です。

2・人類の発生

最古の人類が発生した地域とされるのはアフリカ大陸だといわれています。更新世に出現し活動した人類は、その骨が化石となって発見されているので、化石人類と呼ばれています。今日までに発見された化石には、①猿人類(アウストラロピテクス)、②原人類(ピテカントロプス)、③旧人類(ネアンデルタール人)④新人類(ホモ=サピエンス)の4つのグループに分けられています。

猿人が、最古の人類です。一見類人猿に似ているが、口の部分の突出が弱く、歯の様子も人類的です。すでに2本足で立って歩いていたらしいです。脳の容積が現在の人類の半分らしく、ゴリラと同じ程度のようです。猿人が登場したのが今から450万年~400万年前と推定されています。

原人は今から150万年前に、登場し、60~50万年前、第2間氷河期のころに活動したジャワ原人北京原人が代表例です。この原人あたりから火の使用が始まったとされています。すでに言語を話し、人間らしい社会生活を営むようになっていたらしいです。このころ人類の居住圏はアフリカ大陸を越えてユーラシア大陸の南部全域に広がりました。かれらは川の近くの丘の上や湖辺に住んでいて、洞穴に住むこともありました。原人の作った石器は、石核石器、剥片石器、打割石器の3種類が現れました。

旧人は今から20万年ほど前、第3間氷河期から第4氷河期の初期にかけて活動しました。代表例は、ネアンデルタール人です。旧人は原人よりも大きく、現代人に近いが、低い前かがみの姿勢などに原始性が残っているそうです。ネアンデルタール人が出現したときは、温暖な気候であったが、第4氷河期の時代になると岩陰や浅い洞穴に住むようになりました。かれらが住んだ洞穴の近くには、穴を掘って死者が埋葬されており、これは宗教的な活動の最古の実例として注目されています。今から8万年ほど前に、旧人は絶滅しました。

新人は現生人類ともいわれ、現在の人類の直接の祖先です。今から4~3万年ほど前、第4氷河期の途中に出現しました。代表例は、クロマニョン人です。このころになると住居が発達して浅い洞穴だけでなく深い洞穴にも住むようになりました。洞穴の中には絵画が描かれ、石器の制作も一段と進歩しました。更新世末期のこうした人類は、まだ陸続きであったベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸にも移動し、オーストラリアにも渡りました。

 

 

連帯債務について

数人の債務者が各自独立して同じ内容の給付全部を履行する義務を負担し、もしそのうちの一人が履行すると他の債務者全員も債務を免れる債務を連帯債務と呼びます(432条)

①連帯性

1.債権者は、「連帯債務者中の任意の一人もしくは数人または全員に対して、全部または一部の請求をすることができ」、「数人または全員に対して請求するときは、同時に請求してもよいし順次に請求してもよい」と定められています。(432条) 例えば、A(債権者)は、X,Y,Z(連帯債務者に)600万円の債権を有している場合、X、Y、Z各自に600万円請求しても、Xに300万円、Yに200万円,Zに100万円請求しても、X、Y、Z均等に200万円ずつ請求してもよいです。また、X、Y、Zに各自600万円ずつ同時にまたは順次に請求できるし、Xに300万円、Yに200万円、Zに100万円として、またX、Y、Z均等にした200万円を同時にまたは順次に請求できます。

2・連帯債務者の全員または一部が破産手続開始の決定を受けた場合にも、債権者は各破産財団に対して債権全額をもって配当に加入できます。(441条)

3・連帯債務者の一人について契約の無効・取消しをしても、それによって他の連帯債務者は影響を受けません。(433条)

②連帯債務者の1人について生じた事由の他の連帯債務者への効力(440条)

相対的効力絶対的効力があります。相対的効力は他の債務者には効力を及ばないものをいいます。絶対的効力は他の連帯債務者にも効力を及ぼすものをいいます。絶対的効力には以下の効力があります。

1.弁済

連帯債務者の一人が弁済すれば、他の連帯債務者も債務を免れます。

2.請求(434条)

連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても効力を及ぼします。

3.更改(435条)

連帯債務者の一人が更改すれば、他の連帯債務者は債務を免れます。

4.相殺(436条1項)

連帯債務者の一人が反対債権を有しながら相殺を援用しない間は、他の連帯債務者がその債権で相殺する場合には、反対債権を有する者の負担部分だけ相殺を援用できます。

5.免除(437条)

連帯債務者の一人が債務の免除を受けると、その者は免責され、他の連帯債務者は、免除された者の負担部分以外の債務を負います。

6・混同(438条)

連帯債務者の一人が債権者を相続したり債権を譲り受けたりすると、弁済とみなされるため、他の連帯債務者はすべての債務を免れます。

7.時効(439条)

連帯債務者の一人の債務が消滅時効にかかったときは、その者の負担部分以外の債務を、他の連帯債務者は負います。

③求償

1.連帯債務者の一人が債権者に弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、その連帯債務者は、他の連帯債務者に対し、各自の負担部分について求償権を得ることができます。(442条) 負担部分は、連帯債務者間の契約または受けた利益の割合で決めます。それでも決まらない場合には各自平等とします。

2.連帯債務者の一人が債権者に弁済したときは、事前の通知および事後の通知をしなければなりません。この通知を怠った場合は、他の連帯債務者に対する求償権の制限を受けることがあります。(443条) ただし、弁済の通知を怠った者が競合するときは、この制限は適用されません(判例)。

3・連帯債務者に無資力な者がいて、その者が自己の負担割合を償還することができないときは、原則として、求償権および他の資力のある者が、無資力な者の負担部分を分割して負担します。(444条)