AIで消える仕事

AIによって消える仕事が出てくる可能性

AI(人工知能)が話題になっている世の中ですが、AIの発展によって暮らしが豊かになることに対する期待もある反面、大量の失業者が発生する可能性もある不安感もあります。AIが話題になるにつれてAIの普及につれて今後消える可能性の高い職業は何なのかという話題も増えました。技術の発展によって既存の仕事がなくなるという現象は18世紀後半に始まった産業革命のころからあったので仕事がなくなるというのは、AIだけの特有な現象ではありません。しかし、産業革命のころとは違いAI革命ではもしかしたら新しいタイプの仕事が生まれにくい可能性もあります。AIの強みは、24時間働けることです。つまり疲れを知らないことです。人の場合、肉体労働でも、頭脳労働でも、何時間もすれば疲労が溜まるので限界があります。膨大な書類の処理作業を長くやるとうんざりするようになります。しかし、AIだったら文句も言わずに正確に単純作業をしてくれます。もうひとつAIの強みは、永遠に成長可能であることです。データーを収集して学習することでバージョンアップを繰り返し、成長できます。こ        れらの強みがAIにあるので、人を使って労働させるよりもAIを使って労働させるほうが効率がいいというわけです。こうなると人を使う新しい仕事がなかなか生まれにくいです。ゼロではないかもしれませんが、産業革命によって新しいタイプの仕事が出たような現象はあまり期待できないかもしれません。

AIで消える可能性の高い職業

AIによって消える職業が増えるというにはAIをめぐる議論で定番の話題です。どんな職業が消える可能性が高いのか調べてみました。電話営業員、不動産ブローカー、経理担当者、保険審査員、データー入力者、タクシー運転手、レジ係、保険営業員、医療事務員、小売営業員、税務申告書作成者などがAIに奪われる可能性の高い仕事です。AIによって奪われやすいのは、ルーティンワークが中心の事務系の仕事です。決まりきった仕事の方がAIに取って代わりやすいというわけです。創造性や交渉力が必要な仕事はすぐにAIが代わりにやるのは難しいです。今後労働者は、高スキルな技術を持つことが求められます。ルーティンワークしかできない低スキルな技術しか持たない労働者は淘汰されることになります。労働者は現在の椅子にしがみつくだけではなく、AIの時代に対応したスキルを身に着けることが今後は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です